kaiji-movie.jp

カイジに出てくるギャンブルの種類 その1 その2 その3 その4
ギャンブラーな貴方へ

カイジに出てくるギャンブルの種類 その2

パチンコ「沼」

一条が店長を務めるカジノに存在する等価交換の一発台パチンコのことです。一玉4,000円に設定されているため、通常の1,000倍のギャンブル性を持つパチンコです(このカジノには1玉400円や1玉40円のパチンコも存在していて、これらはデジテルパチンコ)。「沼」にチャレンジするには300万円(750発)・500万円(1,250発)・1,000万円(2,500発)のいずれかのパッキーカードを買って使うことになります。

異常な数で並ぶ「釘の森」を抜けた先にある、役物上部に電動チューリップが配置されています。チューリップに拾われた玉だけが、内部の3段クルーンの1段目に落ちます。1段目のクルーンには3つの穴、2段目には4つ、3段目には5つの穴が空いています。1段目・2段目の手前穴1つずつは下段に落ちる穴で、回転しながら順に通過して3段目で奥の当り穴に玉が入ると、ジャックポットとなります。ジャックポットは、その時点でストックされている玉すべてを獲得することができます。ジャックポット以外に当り穴はないため、すべてアウト玉となります。この台のストックはアウト玉の蓄積で、ストックが無い時には最低3億円(75,000発)分を店が保証します。

基本的に釘の設定は、100発中1発がチューリップの手前に届くように設定してあり(この通常時は設定Cといって、他にも月1回30発中1発が届く設定Aの日や、月5日ほど60発中1発が届く設定Bの日もある)、チューリップの手前の開閉するバーは、店側から遠隔操作でタイミングを計って閉じてしまうことが可能です。(通称「ブロック」)ここを乗り越えたとしても、「クルーン自体」・「パチンコ台本体」・「台周辺のプレイスペース」と3段階に分散した手前への傾斜(リモコン操作で奥に傾けることも可能)に加えて、3段目の奥にある当たりの穴の外側に透明なコブが存在するので、通常で考え得る形での入賞の可能性を潰しています。さらに、通常は「あからさま過ぎる」として没になっていますが、3段目の当たり穴の周囲から、店側の操作によって空気が噴出できる装置も存在しています。そして客が台を打つ前には身体・荷物の検査や磁気チェックを行います。さらに台周辺は、24時間モニタリングしていて、遊技には常に店員が立ち会います。またゴトを防止するため、磁石に反応しない真鍮製の弾を不定期に使用しています。

上記の事から、理論上は1/30・1/60・1/100(それぞれ後述の設定A・B・Cの場合の釘ゾーン)×1/3(チューリップ上役物)×1/60(三段クルーン)=1/5,400(2160万円分の玉に一発)・1/10,800(同4320万円分)・1/18,000(同7200万円分)でジャックポットが出ることになっていますが、様々な場所に鉄壁の防御が施されているので、通常のプレイでは攻略することはできません。

カイジたちの前にも、数多くの人達が挑戦しましたが、実際にジャックポットを出した人物(「達成者」と呼ばれる)は、カジノ側の接待(帝愛サイドによる賞金の回収)によって出した利根川と兵藤だけです。前述の通りこの台は等価交換で、原則としてジャックポットを出せなかった者のつぎ込んだ玉が丸々次の挑戦者への賞金として積み立てられていくため、(いずれジャックポットを出される前提である以上は)理論上は、いつまでも店には儲けが出ません。そればかりか、こちらも前述の通りどんなにジャックポットが貯まってなくても3億円分は店が保障するので、そこまで貯まらないうちにジャックポットを出されようものなら、3億円に満たない分は店の損失になってしまいます。しかし帝愛の人間に対し接待を行うことで、積み立てられた賞金を回収する意味合いを持つと同時に、表向きには「確率は限りなく低いが当たりはある」としたアピールすることによって、挑戦者が後を絶たない状況で、ひいては「沼」が店の象徴として君臨する状況を生み出しています。

原作では、坂崎のセリフから、通常のパチンコ機の1.5倍程度の大きさで描かれているのに対して、実写映画版ではカジノの壁一面を占める「巨大モンスターマシーン」として描写されています。

ざわ・・・ざわ・・・

Eカード

EカードのEは皇帝(Emperor)から来ています。このカードはニンテンドーDS用ソフト『逆境無頼カイジ Death or Survival』の予約特典として存在したので、実際にプレイすることが出来ます。過去に一般販売され、その時はペリカも付属していました。

2人対戦用カードゲームです。「皇帝」(1枚)「市民」(8枚)「奴隷」(1枚)の3種類(計10枚)のカードを使用します。これらのカードにはジャンケン同様に、三すくみの関係があります。「皇帝側(「皇帝」1枚,「市民」4枚)」と「奴隷側(「奴隷」1枚,「市民」4枚)」に分かれて、時間差で1枚ずつ出し合って勝敗を決めます。三者の関係については、「皇帝」>「市民」そして「市民」>「奴隷」です。「皇帝」は「市民」に勝ち(「皇帝」は「市民」を支配する権限を持っているため)、「市民」は「奴隷」に勝つ(「市民」は「奴隷」より地位や生活が担保されているため)という意味です。ここで、「奴隷」と「皇帝」の関係については「奴隷はどうしようもないクズであり、その執念で皇帝を撃つ」という考え方から、「奴隷」は「皇帝」に勝つ(「奴隷」>「皇帝」)とされています。兵藤がいうには、「Eカードは社会の縮図。ただ現実そのままでは味気なさ過ぎるので、若干だけどが夢を持たせた」となっています。

5枚あるカードを1枚ずつ出して行くため理論上は5回戦までありますが、勝ち負けが発生するのは「皇帝」や「奴隷」のカードが出された回のみである関係上、最大で4戦で勝敗が確定しゲームが終了となります。

  • 4戦目までに「皇帝」vs「市民」が発生した場合・・・皇帝側が1勝を得ますが、それ以降は市民vs市民のあいこと市民vs奴隷の皇帝側の2勝目しか存在しないため、皇帝側の勝利が確定。
  • 4戦目までに「市民」vs「奴隷」が発生した場合・・・皇帝側が1勝を得ますが、それ以降は市民vs市民のあいこと皇帝vs市民の皇帝側の2勝目しか存在しないため、皇帝側の勝利が確定。
  • 4戦目までに「皇帝」vs「奴隷」が発生した場合・・・奴隷側が1勝を得ますが、それ以降は市民vs市民のあいこしか存在しないため、奴隷側の勝利が確定。
  • 4戦目まで「市民」vs「市民」が連続した場合・・・残る1枚の手札で皇帝vs奴隷が発生することが確実になるので、奴隷側の勝利が確定。

通常のジャンケンと異なる最大の特徴は、両者が所持するカードの構成が平等ではないことです。前述した通り、「皇帝側」は「皇帝」カードを1枚と「市民」カードを4枚、「奴隷側」は「奴隷」カードを1枚、「市民」カードを4枚持ちます。最も多い「市民」同士であれば、あいこになるだけなので、事実上「皇帝」もしくは「奴隷」による1勝で決まります。3戦ごとに「皇帝側」と「奴隷側」を入れ替えて再スタートして、計12戦を行います。(映画では3本勝負)

「奴隷側」は、「皇帝側」のたった1枚の「皇帝」に合わせて1枚の「奴隷」を出さなければなりませんが、「皇帝側」は4/5を占める「市民」のどれかに合わせて「皇帝」を1枚だけ出せれば勝てるうえ、「市民」を出しているうちに「奴隷側」が読みを誤り、「奴隷」を出して自滅するという勝ちパターンもあるため、「皇帝側」がルール上とても有利になっています。この格差を埋め合わせるため、「奴隷側」で勝利した場合の報酬は通常の5倍(映画では10倍)とされています。ただし、カイジの場合は「皇帝側」で負けても針が5倍の距離進むことはないと設定されました。

カードを提出する順番は、1、3回目の提出は「皇帝側」が先出し、2、4回目は「奴隷側」が先出しとなります。カードは1回につき5分以内に伏せた状態で出しますが、後出し側は自分がカードを出す前に先出し側の顔色をうかがうことが可能です。また、両者ともカードを出す際は、無作為なカードの選出を行ってはなりません。最低一度はカードの表を見てからカードを出さなければ反則となります。これはあくまでEカードは心理戦を主とするゲームのため、運で勝敗を決めるものではないからという理由で説明されています。

本来は大金を賭けて勝負しますが、無一文の場合は目もしくは耳を賭けます。リモコン操作で針が進むという装置を目や耳に取り付けて1ミリ単位で賭け、30ミリ分負けると針が眼球や鼓膜に到達します(このゲームは「聴力を賭けた勝負」とされていますが、鼓膜は破れても自然と再生するので、聴力を失うのは一時的なものであって、致命的な影響はありません)。この装置は一旦装着すると専用の工具を使わない限り外せないので、無理に外そうとするとリモコンのアラームが鳴ります。

勝った時にもらえる金額のレートは1ミリにつき「皇帝側」なら10万円で「奴隷側」なら50万円。30ミリ分負けて針が器官に到達すれば12回戦行っていなくてもその時点でゲームオーバーとなり終了しますが、実はこの装置は別の箇所にも使用できるようになっており、針は最大45ミリまで伸びます。

実写映画版では、いくつかの変更がありました。そして、劇場限定商品として、このゲームに使われるカードのセットが販売されました。

・勝負は12勝負ではなく、3回勝負。つまりカードの交換はない。

・原作では聴力をかけていましたが、映画では普通に現金をかけています。

・奴隷側で勝った場合もらえる額は賭けた金の10倍。

・カードの提出は常に奴隷の先出しとなっている。

漫画版カイジを読もう!